読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

トイレトレーニング ~第二子編~

f:id:shiodaifuku:20150926132624j:image

いや、第一子編があるわけではないのですが、第二子である2歳の息子が現在、トイレトレーニング中で、これがなかなか進みません。

第一子の娘(現在4歳)は、けっこうスムーズにオマルに慣らせる→用が足したいと思ったら意思表示させる→トイレに設置したオマルへといった感じで移行できたように思うのですが。

息子はまだ、大はオムツでしたいようで、「あ、いまやってるだろ! オマル行こうオマル!」と促しても、頑なに拒みます。無理に抱いていくと暴れて漏れないか心配なので、強く出られない事情もあり……。

ただ、小は意思表示をするようになりました。しかしトイレに一緒に行くと、オマルには座らず僕たちと一緒の便器でしたがります。おそらく、姉がすでに便器を使っているので、真似したいのでしょう。

よって便器に座らせると、僕に傍らに座るよう指示。僕は子供用に洗面所に置いている踏み台を持ってきて、息子のそばに座ります。

続いては、トイレトレーニングの促しのため、トイレに置いている絵本『ひとりでうんちできるかな』を読めと指示。これをだいたい3回くらい読むと満足します。

ただ絵本のほうに集中したためか、小をする気配ゼロ。僕が「ちょっとやってくれよ~」と顔をゆがめ、「シー、シー」などとお腹を上から下になでることを繰り返し、小が降りるイメージを持たせると、最近は3回に1回くらいはするようになりました。

尿意がおさまってしまった場合は、「出ない」と言葉で意思表示します。しかし、出ても出なくても、トイレットペーパーを引きだしては、3回くらい股間を拭きます。それに付き合うのもけっこうめんどい……。

終えると、便座から踏み台に乗って降り、自らトイレを流します。これは楽しいらしい。そして手を洗わせ、オムツをはかせるのですが、最近はなんだかオムツをはくのをゴネます。

小を出さなかったときは、いまにも出すんじゃないかと早くはかせたいのに、暴れてはきません。子供の、オムツから足を抜く動作の巧みなこと……。やっとの思いではかせて、ふ~、疲れた……。早く自分でできるようになっておくれ。

ちなみに、オマルと子供用の便座は、リッチェルのを使っています。

リッチェル ポッティス イス型おまる (イエロー)

リッチェル ポッティス イス型おまる (イエロー)

 
リッチェル ソフト補助便座 イエロー

リッチェル ソフト補助便座 イエロー

 
ひとりでうんちできるかな (あかちゃんのあそびえほん( 4))

ひとりでうんちできるかな (あかちゃんのあそびえほん( 4))