読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

東京-鳥取間、1万円ちょっとのバス「キャメル号」

f:id:shiodaifuku:20151130225247j:image

つい先日、祖母が亡くなりました。93歳。今日、漫画家の水木しげるさんが亡くなったというニュースを見たら、なんと祖母と同い年でした。

水木さんの出身地は鳥取県。僕の実家も鳥取県。もちろん祖母の家も鳥取県。ということで、祖母の葬式に参列するため、ひとりで鳥取に帰ってました。

久しぶりに深夜バスを利用。東京(品川・浜松町)と鳥取(何ヶ所か止まる)を結ぶ「キャメル号」ってバスがあるんです。

品川を21時に出発で、終点まで11時間45分。料金が1万円ちょっとと安く、寝てれば朝に到着と便利なので、昔はけっこう利用していました。

今回、41歳となった僕の体は大丈夫かな? と心配しましたが、少し腰に疲労が溜まったくらいで、快適なバス旅。

予約の際はほぼ満席だったのに、蓋を開ければガラガラで、リクライニングをフルに倒すことができたのも良かったです。

つーか、予約で席キープしても決められた時間までに料金を支払わないと自動的にキャンセルになる仕組みっぽいので、転売屋あたりが予約だけしてるんでしょうか!? であればひどいな~。

バスは、3列シートですが、真ん中と左の席はけっこうくっついています。右側の席は、トイレが右にあるためか、左に比べて通路が広く、オススメです。

また、今回、休憩の際などにほかの席を観察したところ、トイレの前の席は後ろに人がいないので、混んでいても気にせずリクライニングをフルに倒せそうなことが分かりました。

もしかしたら、ほかの席よりリクライニングの角度が浅いかもですが、他人に気をつかいすぎる人には適しているかもしれません。

あと、最後尾の席も後ろの人を気にする必要ありませんね。ただ、最後尾だけ4列になっているので、隣が他人だと気をつかいそうです。

なお、今年は年末の帰郷の際は、妻だけ仕事の都合でひとりで時期をずらして帰るので、このキャメル号を使うかも。

僕が「トイレの前の席いいよ」と勧めたら、即座に「やだよそんな音が聞こえてきそうなとこ」と全否定されました。どなたか、ぜひ試してみてください。

葬式は無事にすみ、東京へは飛行機で帰ってきました。

品川←→鳥取・倉吉「キャメル号」 - 京浜急行バス