読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

元20世紀梨少年

f:id:shiodaifuku:20150906104745j:image
僕の実家、鳥取県から二十世紀梨が送られてきました。二十世紀梨は19世紀末期に千葉県で発見された品種だそうですが、鳥取県が生産量日本一らしく、21世紀の現在も名産品です。
ナシ - 二十世紀 - Wikipedia

母親の実家が以前、梨農家をしていて、そういった関係からこの時季になると、箱単位で梨をいただき、食べきれないので右から左へ……、という感じで、ダンボールを開封もせず送ってくれます。と言っても、我が家でも食べきれないので、各所に配って回ります。

なお、住んでいる地域の近くに東京の梨の名産地があり、お中元がてらに5個ずつくらい、実家やお世話になっている親戚に送っています。それらの梨は、甘い品種ですが、二十世紀梨はかなりさっぱりした味です。

その味が妻はあまり好きではないそうですが、僕は二十世紀梨で育ったせいか、甘味が多い梨よりおいしく感じます。子供の頃は、母親の実家でめんどうを見てもらうことも多く、梨畑でもよく遊びました。

祖父が、ヤマハの原付の荷台にコンテナを取り付けており、その中に座って山の梨畑へGO! 梨の木の枝にお手製のブランコをつけてくれるなど、今思えばなかなか贅沢な田舎暮らしだったな~。

高校生になって梨の受粉を手伝った折、どうにも鼻が受け付けなかったようで、アレルギー性の鼻炎にもなりました。今では僕は、立派な花粉症患者になりましたが、まさにあれはひどい花粉症の症状でしたね。元二十世紀梨少年からは、以上です!