塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

ラスカル「バギーボード」はコンビのベビーカー「キューレットミューラー」に取り付けできた

f:id:shiodaifuku:20150921200932j:image
ベビーカーの後ろに取り付けて、上の子などを乗せて楽に移動できるバギーボードを買いました。シルバーウィークに家族で旅行する際、4歳の娘と2歳の息子を連れ歩くのに便利なのではと、出発3日前の妻の提案で。

事は急を要するので、通販です。以前紹介したアマゾンのクレジットカードの5000ポイントが未使用だったので、これを使って1600円くらいで購入できました。

www.shiod.com

買ったのはこちら、2015年(?)の新デザイン「バギーボード 3D」。結果、便利でした。


f:id:shiodaifuku:20150921201105j:image
実際の使用時の写真

バギーボードは「ラスカル」というスウェーデンのメーカーの商品で、同じようなものが国内メーカー「日本育児」からも発売されています。


アマゾンのレビューなどではラスカルのほうが評判がいいのですが、「バギーボード ミニ」という商品のレビューに、我が家と同じベビーカー「コンビ」のキューレットミューラーを使っている方が「まともに装着出来ません」と評価しており、さてどうしたものか。

ちなみに、Webを「バギーボード 対応」と検索してヒットした販売店のPDFにはキューレットミューラーもいけるとあり、これも僕たちを悩ませる要素になりました。

なお、日本育児のものも検討しましたが、やはりラスカルのほうがよさげ。ラスカルのバギーボードは現在、日本で手に入れられるものは主に以下の3種類であるようです。

上で挙げたレビューの商品「バギーボード ミニ」

Lascal buggy board ラスカル バギーボード ミニ レッド

Lascal buggy board ラスカル バギーボード ミニ レッド

 


大きいサイズの「バギーボード マキシ」

Lascal buggy board ラスカル バギーボード Maxi ブラック

Lascal buggy board ラスカル バギーボード Maxi ブラック

 


我が家で買って便利に使った「バギーボード 3D」


大きいサイズは旅行先で荷物になりそうなのでパス。「ミニ」はキューレットミューラーとの相性が悪いというレビューで不安、新デザイン「3D」はサイズはミニと同じっぽいです。

新デザインのくせに一番安いという、なんか廉価版とかじゃないよね? というさらなる不安が頭をよぎりましたが、さきほどの対応表PDFをUPしている販売店の扱いでは、大きいサイズのマキシは廃されて、3Dをスタンダードのバギーボードとする流れになっている印象。

www.trexbaby.com


ただ、現在のところ「ミニ」に比べて「3D(販売店サイトではバギーボードとだけの表記)」の商品説明が簡素なんですよ。このへん、もうちょっとなんとかすれば、安心して買えるんじゃないかな、と思いました。

3D

www.trexbaby.com

ミニ

www.trexbaby.com

最終的に3Dを選んだのは、ミニのレビューが最後まで不安だったので消去法。また、アマゾンの5000ポイントがあったので、まあ失敗してもいいや、とりあえず今回の旅行にだけ使えればいいし、と思って買いました。

使用時に少し気をつけることは、バックにてこずることがあります。特にエレベーターから降りるときなどドアのレールにひっかかるのかな?

f:id:shiodaifuku:20150921201019j:image

あと、折りたたみ時はボードをベビーカーから外すので、やはり荷物になります。ただ、取り外しは簡単です。
f:id:shiodaifuku:20150921201341j:image
折りたたみ時の写真

取り付けは、我が家で買ったものは日本語のマニュアルで、まあ正しくできたんじゃないかな、と思っています。ベビーカーの足にコネクターを取り付けて、そこにボードをハメます。

f:id:shiodaifuku:20150921200950j:plain

ときには荷物置きにも……。いや、おそらくダメな使い方なので、推奨しません。

f:id:shiodaifuku:20150921201137j:image

旅行は、東京から新幹線で名古屋まで移動し、バスで三重県へ。遊園地で遊んで1泊。ほか施設で遊んでバスで名古屋に戻って1泊。3日目に名古屋をいろいろ移動して午後に新幹線で東京へ戻るという行程。バギーボード、大活躍でした。