塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

4歳娘、補助輪なし自転車に乗れるようになる

f:id:shiodaifuku:20160705054738j:image

つい先日、4歳娘が補助輪無しで自転車に乗れるようになりました。7月半ばに5歳となる彼女、自転車は、4歳の誕生日プレゼントとして買ったので、ほぼ1年で補助輪が取れたことになります。

 

自転車を買う前は、今は2歳息子の物になっているストライダーで遊んでいた娘ですが、補助輪付き自転車に乗るようになってから、その安定感に慣れてしまい、僕が「補助輪外そうよ」と言っても、なかなか応じませんでした。

しかし、保育園の同じクラスの子が公園で補助輪無し自転車に乗っているのを見かけ、それからというもの僕がしつこく「○○ちゃん補助輪無しで自転車に乗ってたな~、すごいな~」などと話しかけていると、やる気になったようです。

補助輪の安定感に慣れてしまうと、ハンドルを制御してバランスを取る感覚を忘れてしまうのでしょう。補助輪無しの練習を始めた時点では、腕にほぼ力が入ってないのか、ハンドルグラグラで怖がって、すぐに足を付いていました。

よって、僕や妻が荷台を持って押しつつ、自分でハンドルをコントロールさせたり、緩い下り坂をペダルを漕がずに下りながらバランスを取らせたり、また荷台を持って押しつつペダルを漕ぐ練習をするうちに、なんとか様になってきました。

最後、難しかったのが漕ぎだしです。例えば右足で漕ぎだした際、左足をペダルに乗せるまでに安定が失われて、足を付いてしまっていたのですが、まあここも僕や妻が荷台を持って、漕ぎだすタイミングで安定を失わない程度のスピードが付くよう押して放す、という練習を繰り返すと、一人で乗れるようになりました。

ただ、まだまだバランスを失ったり、安定しない路面にハンドルを取られて転ぶことがあるので、注意が必要。ヘルメット必須です。

なお、娘の自転車は、ブリヂストンのキッズ用自転車「HACCHI(ハッチ)」。シンプルなデザインで、弟も使えるよう、色はアイボリーを選びました。タイヤは16インチ。今年、もしくは来年には、弟行きでしょうか。

ブリヂストンサイクル(BS CYCLE) ハッチ 16” キッズサイクル HC162 アイボリー 3423