読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

娘の護身術には何がいいか

まだ4歳の娘ですが、父親としては将来、危ないめにあったときが心配で、娘が生まれた当初は、ある程度の年齢になったら、何か護身術を習わせたほうがいいのではないかと思いを巡らせていました。

まず思いついたのは、剣道。常に警棒を持たせ、ピンチになったらシャキーン! と延ばして戦えます。まあそんな長い警棒があるかどうかまで調べていませんが。雨の日は傘でもいいでしょう。


次に、剣道から思考が展開し、ナギナタ! 剣道よりリーチが長いので、敵と相対したとき、最強なのでは!? と考えました。日常、ナギナタの代わりとなる武器として、折りたたみ可能な武器を作って、持たせようとまで思いを馳せたものです。

また、参考にとナギナタ漫画『あさひなぐ』を、5巻くらいまで買って読んでいました。父の愛ってコワイな~。

あさひなぐ 1 (ビッグコミックス)

あさひなぐ 1 (ビッグコミックス)

 


しかし、今では考えが変わり、ピンチになったらとにかく逃げろ、ダッシュで逃げろ! と教えようと思っています。格闘技の心得があると、なんとかしようと考え、引き際を誤るのではないかと思うのです。

逃げ足を速くするには、陸上競技がいいでしょうか。妻が短距離をやっていたので、娘も磨けば光るかもしれません。逃げるときは、障害物をかわす能力も必要かと思いますので、サッカーで、すばしっこさを身につけるのもいいかな、とも思います。ときにはね、キックもできますし……。

だんだん、変な方向に傾いてきましたので、今のところの最強の護身術は、サッカーということにしておきます。また、考えが変わったら、そのときに。

お父さんは心配症 (1) (りぼんマスコットコミックス (351))

お父さんは心配症 (1) (りぼんマスコットコミックス (351))