読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

2歳までの言葉覚え本5選

f:id:shiodaifuku:20150918020825j:plain
4歳の娘と2歳の息子と一緒に就寝し、起きたらリビングに子供の本が散乱しているので、片付けついでに書きます。娘が、2歳くらいまでに言葉を覚えるために役立った本5選! うち4冊がいとこからのもらい物でした。

1. 『もこ もこもこ』作:谷川俊太郎/絵:元永定正

謎の生物(?)が、生まれてから無にかえるまでの物語……なのかな。「もこもこ」「にょき」「ぱく」など簡単な言葉とともに進む、見開きで1シーンの約30ページです。

単純で不思議な絵と、シンプルな言葉で娘に受けがよく、図書館で借りて読み聞かせていたら気に入ってしまいました。そのうち、ひとりでページをめくってなんと破ってしまい、弁償……。

新品はもちろん図書館へ、破れたのは我が家へ。今回の5選の中で唯一買った本です。そのおかげ(?)でいつでも家で読めるようになり、1歳のときには自分でページをめくり、記憶に頼ってシーンごとの言葉を発音していた気がします。

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

2. 『のびのび総合知育絵本 1さいの絵本』

子供の日常や昔話、動物や乗り物、食べ物、日用品の写真、簡単な歌などで構成された絵本です。娘は、動物と乗り物の写真が気に入って、僕は「ヒヒ~ン」「ガタンゴトン」などと鳴き真似や音真似。

そのうち名前も教えていたら覚えました。ただ、シマウマの鳴き声が分からなくて、僕は「ブルルッ」て舌を口の中で震わせて音を出してたんですが、合ってたのだろうか……。Webで調べりゃ良かったですね。

現在は改訂版が売られているようです。

1さいの絵本 (のびのび総合知育絵本)

1さいの絵本 (のびのび総合知育絵本)

 

3. 『たまごさんがね・・』作・絵:とよたかずひこ

たまごさんがころころ転がって、目玉焼きになるまでのストーリー。簡単な言葉とかわいい絵で進む約25ページです。最後のほうにはキャベツくんやトマトさん、ウィンナーくんも加わってひと皿のオカズになります。

娘とは「じゃあお父さんトマトさん食べちゃお」などと言って、大げさに「ぱーく、もぐもぐもぐもぐ!」「あー、おいし」「じゃあキミは何食べる?」みたく楽しんでいました。

まあ、我が家の子たち軽く卵アレルギーなんですけど……。生卵や半熟がダメ。4歳の娘は自分が卵はあまり食べてはいけないことを把握していて、2歳の息子は本能的にか、卵は火を通していても食べるのを嫌がります。

たまごさんがね… (おいしいともだち)

たまごさんがね… (おいしいともだち)

 

4. 『ベビーミニーちゃんの ごちそうさま』

プリンやバナナ、ミルクといった飲食物の絵と、それらを手にするベビーミニーちゃんの絵で構成されています。つづら折りで、表紙を含めて全12ページ。0歳児向けのためか文字はほぼ無しです。

僕は娘に絵を見せながら目を見開いて口角を上げまくり、ミニーちゃんのモノマネで「わたしミニー、バナナ食べちゃうわよ~!」「ぱーく」などとやっていました。人前ではできない恥ずかしい勢いで。

娘には、ちょっと間違ったミニーちゃんのイメージを植え付けてしまったかもしれません。このシリーズはほかにもあって、同じようにモノマネで楽しみました。とかオススメしようとしたらもう廃盤っぽい……。

ベビ?ミニ?ちゃんのごちそうさま (ファーストブック)

ベビ?ミニ?ちゃんのごちそうさま (ファーストブック)

 

5. 『こどもちゃれんじ ぷち よみかたりえほん』

2014年に個人情報漏洩で世間を騒がせた、ベネッセの子供向け教材。

こどもちゃれんじ しまじろう|ベネッセコーポレーション

これは、基本的な色を覚えるのに役立ちました。それぞれの色が一覧できて、比べながら覚えられるのが良い点だと思います。

f:id:shiodaifuku:20150918020540j:image

ちなみに、記事冒頭の写真の表紙に2008年11月号とありますが、いとこからのもらい物。我が家にはほかにも、妻がネットオークションで買った中古(ほぼ使ってない美品も多い……)もたくさんあり、助かっています。

さて、いかがでしたでしょうか、「2歳までの言葉覚え本5選」。まずこのタイトルの言葉が変ですが! 短くしたかったんです。

今、第二子の息子が2歳ですが、彼が生まれたときに娘が2歳で、彼女のほうがよく言葉をしゃべっていた気がします。よく、女の子のほうが言葉を覚えるのが早いと聞きますが、どうなんでしょう。

娘は第一子ということもあり、絵本の読み聞かせなど、一対一で触れあう時間が格段に多かったです。そのあたりも影響しているのかな、息子には申しわけないですが……。

ただ、息子も最近、姉や妻、僕の言葉を真似て、意思表示やコミュニケーションがしっかりしてきました。下の子は上の子を真似るから成長速度的に有利! という説を信じたいと思います。