読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

バナナが高いと思ったら見たい映画

最近、バナナの値段が高くなっています。保育園のお迎えの際、4歳の娘に「今日のフルーツ何?」とデザートについてよく尋ねられ、あ、そういやなかったわ、夕食分はあるけど朝の分がない、などとスーパーに寄ります。

すると、以前はひと房98円も珍しくなかったバナナが、現在は178円! 高っ! と驚く僕のそばで、娘はこの大きいのがいい! と298円のバナナを手に取る始末。2歳の息子もそれに便乗して、はしゃぎます。

いやいや、そんな高いの買えないから! と全否定しようとしたところで、いや待て、安いバナナが果たして良いのか!? と、ある映画が頭をよぎったのです。

それは、9月19日~25日に東京渋谷の劇場「ユーロスペース」で開催される「スウェーデン映画祭2015」の上映作『苦いバナナ』と『触らぬバナナに祟りなし』。※両作とも邦題は仮題

苦いバナナ(仮題) | スウェーデン映画祭2015 公式サイト

米国のある巨大食品産業が使用していた禁止農薬で被害を受けたニカラグアの12人のバナナ労働者が訴訟を起こす。裁判を請け負ったヒスパニック系弁護士ホアン・ドミンゲスは画期的な闘いを挑む。多国籍化する食料生産の政治の闇に新たな光を投げかけたサスペンス・ドキュメンタリー。

原題:Bananas!*
監督:Fredrik Gertten(フレドリック・ゲルテン)
出演:Juan J. Dominguez,Duane Miller,Byron Rosales Romero,Mercedes del Carmen Romero ,Rick McKnight
2009年 87分 上映素材:Blu-ray(予定)
配給:きろくびと 2016 年公開予定


BANANAS!* trailer - YouTube

触らぬバナナに祟りなし(仮題) | スウェーデン映画祭2015 公式サイト

2009 年、米国のある巨大食品産業の裏の顔を描いた前作『苦いバナナ(仮題)』が完成し、国際映画祭への参加決まったところ、企業側は映画祭での上映中止を求め、スポンサーに圧力をかけるなど、過激ともいえる対抗策を展開。企業は、自社ブランドを守るためにどこまでやるのか。その顛末を追う。

原題:Big Boys Gone Bananas!*
監督:Fredrik Gertten(フレドリック・ゲルテン)
出演:Alex Rivera,Alfonso Allende,Arvid Jurjaks,Bart Simpson,Bernt Hermele
2011年 87分* 上映素材:Blu-ray(予定)
配給:きろくびと 2016 年公開予定


Big Boys Gone Bananas Trailer - YouTube

映画祭のサイトをチラ見したままほぼ忘れかけていたのですが、娘にねだられた298円のバナナを買って思い出しました。これちょっと見てもいいかもな~。

ただ、両作の上映日である21日は旅行に出かけ、25日は平日で仕事。おそらく、今回の映画祭では見ないでしょう。気になる方は、ぜひ見てきてください!

スウェーデン映画祭2015 公式サイト