読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

あつた蓬莱軒の行列を舐めていた

シルバーウィークの9月19日~21日に、三重&愛知へ2泊3日の家族旅行の3日目。メンバーは僕と妻、4歳娘と2歳息子です。

2日目の昼から名古屋に来ており、3日目の目的は、ひつまぶし。妻が過去に食べておいしかったという「あつた蓬莱軒」へ!

名古屋名物 ひつまぶし「あつた蓬莱軒」


名古屋駅から電車で20分ほど、織田信長が桶狭間の戦い前にお参りしたという、愛知県熱田区の熱田神宮近くに本店「陣屋」と支店「神宮店」があり、名古屋市内のデパート「松坂屋」にも支店があります。

今回の希望は本店。土日祝日は特に行列がすごいとのことで、開店の11時半の1時間前くらいに最寄駅に着いて、様子見しようと妻と相談して決めていたのですが、この計画がすでに甘かったです。

最寄の伝馬町駅から、ベビーカーを押して歩いていると、なにやら行列が見えてきました。妻が「アレじゃないの?」と驚きの声を上げましたが、スマホのマップの本店の位置とは異なり、支店の「神宮店」の行列であることが分かりました。

ひょえ~。あわよくば熱田神宮にお参りしてから、本店に行くか、くらいの余裕で来ていた僕たちは、本店への道を急ぎました。妻と娘が先行部隊として前を行き、僕は今川義元を輿に……、いやベビーカーの息子とテクテク。

本店の前に着くと、妻がすでに係の人に待ち時間を聞いており、なんと2時間半待ちとのことです。そりゃ子供には無理だろうということで、計画変更。名古屋に戻って松坂屋店に行こうということになりました。

ということで、一路名古屋へ! ということにはならず、まずは熱田神宮にお参り。ここでも、あつた蓬莱軒を舐めていた僕たち。なんと、松坂屋店でも行列がすごかったです。着いたのはお昼どきで、ここでも2時間半待ち。

せめて熱田神宮にお参りせず、「熱田大返し」とばかりに名古屋へ戻っていれば……。でも、熱田神宮では人生初のきしめんを食べて、おいしかったです。それまで、うどんと一緒だろ、と思っていたので、びっくりしました。

さて松坂屋店の行列。レストランフロアを、埋め尽くさんばかりの人です。持ち帰りなら30分くらいで用意できるとのことで、そうしました……。ちなみに、松坂屋の地下には持ち帰り専用の支店もあります。

二人分のひつまぶしを買い、2時過ぎの新幹線に乗って帰路東京へ。一人分は車内で、もう一人分は家で食べました。おいしかったです。

実は、旅行の計画の時点で、妻から「本店より雰囲気は落ちそうだけど、松坂屋店のほうが入りやすかも」という提案があり、せめてこっちを選ぶべきでした。

本店や神宮店は路面店のため、早くから並ぼうと思えば切りがなさそうですが、松坂屋店ならデパートの開店は決まっているので、行列争いが比較的楽そう。でも、開店前に外に行列……とかあったりするのでしょうか!? そのへん調べてませんが。

最後はドタバタ終わったものの、楽しい旅行でした。

www.shiod.com