読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

電車の座席指定のちょっとしたテクを、みどりの窓口で教えてもらった

9月に家族旅行を予定しており、新幹線のチケットを取りました。その際にみどりの窓口で、自販機での座席指定のちょっとしたテクを教えてもらいました。

 

旅行のメンバーは僕と妻、5歳娘&3歳息子。子供たちは抱っこすればチケットはいりませんが、5歳児を抱っこは疲れそうなので、指定席券を3席取りました。

 

大人2人分は、回数券に座席指定するのですが、子供分は半額なので回数券より普通に買う方が安く、大人の座席指定と子供のチケット購入を、自販機で同時に処理できるか疑問でした。

 

ということで、往路はみどりの窓口で手続き。トイレに近い車両の三列シートの一番後ろを取ってもらいました。ベビーカーを持って行くので、一番後ろだと畳んで席の後ろに置けるので便利です。

 

窓口で無事購入後、疑問をぶつけました。回数券への座席指定と、子供のチケット購入を自販機で同時に処理できるのか!?

 

答えはノー! 別々に自販機を操作する必要があります。つまり、回数券に座席指定してチケットを取り、次に子供のチケットを買うまでに時間差ができてしまい、可能性は少ないですが、隣り合う席をどなたかに取られてしまうかもしれないのです。

 

すると、窓口の方が教えてくれました。今回の場合は、三列シートを取りたいので、まずは回数券を利用する大人2人分で三列シートの両側を指定すれば、中央の席は敬遠されることが多く、少ない時間差ならまず埋まらないでしょう。

 

なるほど! ということで、復路のチケットは自販機で取りました。まあ、時間差ほぼないのに心配しすぎですが、これからも役立てたいテクです。