塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

自由を手にしたければバックアップしよう

先週、仕事用のパソコンがトラブり、疲れました。メモっておきます。

1. 過去のメールが見られない

仕事のやり取りはほぼメールです。よって、取引先の電話番号をほぼ控えてない、さらに失礼なことに、先方の担当者の名前を覚えてないことが少なくなかった……。

さいわい、メールのやりとりは日々していたので、取引先からメールが来て助かりましたが、いくつかは連絡先が分からず、代表番号に電話して呼び出してもらうなど、めんどくさいことをせざるをえませんでした。

2. 他人の時間を削る

上で書いたことでも、他人の時間を削っていますが、パソコンにとっても詳しい同僚の時間を大幅に削りました。とっても良くしてくれたのですが、仕事の邪魔だったことだろうな~。とても申しわけなかったです。

3. 帰宅が遅くなる

イレギュラーな作業に時間をとられ、普段より仕事が進まず、遅くなる帰宅時間。しかも同僚にパソコンの復旧を手伝ってもらっているため、彼より早く帰るのが後ろめたく、帰宅時間のバランスを考えるなど、これまた疲れました。

4. 妻の予定を吹っ飛ばす

パソコンがトラブった初日は、妻が仕事終わりに友達との予定を入れており、僕が保育園にお迎えに行く日だったのですが、僕が間に合わないこと確実だったので、キャンセルしてもらいました……。

また、パソコントラブルから3日間は、帰宅時間が遅くなり、最後にとっても怒られました。いや~、申しわけない。何も言えません。

5. 新しいパソコンでも時間を取られそう

さいわい、トラブったパソコンから必要なデータや過去のメールは取り出せましたが、アプリのインストールや設定は、新しいパソコンでいちからやり直しです。これがまためんどくさそうだな~。

でも、新しいパソコンで美しい環境づくりを目指せるのは楽しみなところ。

6. まとめ

仕事だけでなく、夫婦関係にも危機を及ぼした今回のパソコントラブル、すべてはバックアップを怠っていた僕の責任です。はぁ……。自由を手にしたければ、バックアップしろ! 自分に言い聞かせました。

7. おまけ:子供の写真の保存

ちなみに、子供の写真をネットワークハードディスクにずーっと保存してて、一回、壊れたんですよ。でも、二重保存する設定(RAID 1)にしていたので、助かりました。ホント、バックアップって大切です。

外付けハードディスクいろいろ - Amazon