読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

子連れで免許更新 府中試験場

自動車の免許の更新。忙しくてなかなか行けず、期限内最後の日曜日となった昨日、運転免許試験場で更新してきました。訪れたのは東京「府中試験場」。

昨日は妻が仕事のため、4歳娘&2歳息子とともに行きました。免許の更新とか言ってますが、安定のペーパードライバーゴールド免許のため、主に電車移動です。

2歳息子対策、ベビーカーにするか抱っこ紐にするか悩みましたが、ベビーカーだと試験場内の移動がめんどうかと思い、抱っこ紐を選択。これは正解でした。

ほかに用意したのは、おやつ(小さなパン、クッキー、ひと口ゼリー)、お茶、ジュース、iPad(iTune Storeでアニメをひとつレンタルしてダウンロード済み)、イヤホン、娯楽性の高い本(娘には『アイカツ』、息子には『トミカ&プラレール』)。

最寄駅は京王線の「多磨霊園」駅。降りるとちょうどバスがあって、ほぼジャストのタイミングで乗って出発。窓から外を眺めていると、大正モダン的な古い建物が2つほど見え、得した気分になりました。お店っぽかったですが、何屋でしょう? 仏事関連でしょうか。

試験場には9時半くらいに到着。さすがの日曜、混んでいます。娘がお腹減ったと言うので、おやつを食べさせようと飲食できる場所を聞くと、地下に食堂がありました。食券制です。

何も買わずにテーブルだけ使うのもアレかと思い、僕だけ400円の朝定食的なものをいただきました。この日、二度目の朝飯。お腹いっぱいです。子供たちは小さなパンとお茶でおやつをしました。

なお、食堂内を見渡すとジュースの自販機があり、ジュースだけ飲んでる人もいたので、定食には後悔。あと、食堂を出ると廊下にテーブルと椅子もあります。よく観察してから利用すべきでした。

いよいよ更新手続き、受付を済ませ、順序に従って試験場内を歩き回ります。娘はさすがに4歳なのでおとなしくできるようになりましたが、2歳息子にはやはり疲れさせられました。

抱っこしてと言ったと思ったら、やっぱり歩きたい、歩けば列から抜け出そうとしたり、床に寝転んだり……。持参したジュースを与えて、なんとか従わせました。

あと、苦労したのは4歳娘のトイレ。建物が古く、和式が多いので大変でした。しかもこの日はマキシ丈のスカートを履いており、汚れないようにひと手間プラス。

ただ、講習を受けた4階のトイレは全体的にリニューアルされた感があり、洋式でした。最初から、洋式のとこはないか聞けばよかったです。

講習時間は、ゴールド免許なので30分。区分によっては1時間、2時間の講習もあるそうで、そうなると子連れじゃ厳しいな、と思いました。

待ち時間は、iTune Storeでアニメ『トムとジェリー』をレンタルしておいたiPadが大活躍。もしかしたら電波悪いかも、と思い、家でダウンロードしておいたのです。ただ、電波の入りは悪くなく、娘はiPad、息子は僕のスマホでYouTubeといった暇つぶしもできました。

なお、講習では係の方が、部屋の出入り口に一番近い席をキープしてくださり、もしものときの不安から解放されて大助かり。ただ、やはり息子の集中力が続かず、講習中に子供たちはクッキーとひと口ゼリーを食べ、その後は『アイカツ』『トミカ&プラレール』の本で乗り切りました。

その後は免許を受けってタクシーで多磨霊園駅へ。すでに正午を回っており、子供たちはお腹減ったとブーブーでしたが、京王線の調布駅に移動して、PARCOのレストランフロアの寿司屋でご飯を食べました。

納豆巻き、かんぴょう巻き、かっぱ巻き、これがあれば子供たちはとりあえず笑顔。良かった……。