読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩D日記

2児の父、四十路おじさんの日記です


広告

ほぼ得しない電子書籍から紙書籍化の話

少し前に、電子書籍のみで売られていた漫画が、紙の単行本になるという原稿を見せてもらいました。

それが、「え〜、これ紙で売るの? 大丈夫かいな?」というレベルで、考えたこと。結果を見てないので僕の予想です。

おそらく今回の紙書籍化は、電子書籍で単話で100円くらいで売られていたものを、まとめて紙の単行本にして700円くらいで売ろうという企画。

電子書籍のレーベルと紙の出版社は別で、企画は、間に入ってる代理店的企業が定期的に実施しており、今回見せてもらった原稿のレベルだと、予算消化しなきゃだから、なんでもいいから作品ピックアップして! って感じで選ばれたんじゃないかな、と思いました。

この紙書籍化の結果予想
読者:なんやこれ! なめとんのか! と損。

作家:低評価がついて損。

紙の出版社:名義貸しのお金は入るでしょうが、自社の名前で低評価作品を世に出してしまうという損。

電子書籍のレーベル:紙書籍化でお金が入ってくる…あ、損しないっぽい。

代理店的企業:予算消化の目標達成。ここも損しないっぽいな……。

この記事、最初は「誰も得しない電子書籍から紙書籍化の話」として書こうとしたのですが、損しない人もいました。でも、巡りめぐって損というのはありそう。

かわいそうなのは、読者と作家かなと思います。読者は、電子書籍の単話だと100円くらいの損ですみますが、紙の単行本となると700円くらい……。勢いで低評価レビューを書いてもおかしくない金額です。

あと、作家はまだレベルがともなってないのに、予算消化の企画に乗せられて低評価を受けるという散々な結果。

お金入るからいいよ、と割り切れる人ならいいですが、新人作家あたりは大損です。企画を断るという選択もありますが、これからの付き合いを考えると断りづらかったりもすると思います。

他人事ながら、最近もっともかわいそうだな〜、と感じた話です。あくまで僕の予想なんですけど。

電子書籍ビジネス調査報告書2015(CD 冊子) (新産業調査レポートシリーズ)

電子書籍ビジネス調査報告書2015(CD 冊子) (新産業調査レポートシリーズ)

  • 作者: 【編】インプレス総合研究所 【執筆協力】落合早苗他
  • 出版社/メーカー: インプレス
  • 発売日: 2015/07/30
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る